不動産コンサルタントなら、
直接「正解」へと導いてもらえる。

多くの業者は
自社の得意分野しか
提案してこない

不動産投資や土地活用をしようと思うと、「複数の建設会社や不動産業者に相談をして、それぞれの業者から提案を受け、その中の1社と契約する」というのが典型的なパターンでしょう。

しかしながら、建設会社や不動産業者は受注することがミッションである以上、自社の最も得意とする分野の提案をしてそれを勧めるのが定石であり、その提案内容が顧客の資産条件やニーズに照らして最適なソリューションであるかどうかは定かではありません。

したがって、
「正
は自分で
見極めなければならない

それにもかかわらず、非常に多くの人は、自らが集めた提案書の中に「正解」があると錯覚し、その中で最も出来が良いものをあたかもそれが「正解」であると思い込んで安易に決断してしまっています。

その結果、本当はもっと自己のニーズに合う計画や総事業費を抑えた収益性の良い計画が可能だったにも関わらず、当初から赤点の不動産投資や土地活用をしてしまい、後に「失敗した…」と嘆くことになりかねません。

そもそも、
専門家でない者が
自ら「正解」を見極めるのは
困難である…

このような不動産に関わる典型的な失敗事例が数多く発生してしまう理由は、ひとえに「検討の進め方」に問題があるために、専門家でない者が自ら「正解」を見極めなければならないような状態に陥ってしまうからと言えます。

だからこそ、初期の段階から、フラットな目線で「正解」へと導いてくれる不動産コンサルタントを活用すべきなのであり、昨今、不動産コンサルタントのニーズが急速に高まっている所以でもあります。