プロパンガスのメリット・デメリットと最安で利用する為の賢い方法

一般的にプロパンガスは高いと聞くけど、都市ガスと比較したメリット・デメリットや料金を抑える方法等について気になっていませんか?

プロパンガスは、都市ガス同様に日常生活を支える重要なインフラでありながら、都市ガスより約2倍程度料金が高いという特徴や信頼出来る優良業者の選定が困難といったデメリットがあります。

しかしその一方で、プロパンガスにはイニシャルコストが安いという特徴や、災害時には「最後の砦」と呼ばれる程貴重なエネルギー源である等のメリットがあります。

そして、近年は法改正や業者同士の健全な価格競争に伴って低価格化が進んでいることから、業者変更を行うことで月々のガス代を大きく下げることが出来るようにもなっています。

このページでは、都市ガスと比較したプロパンガスのメリット・デメリットや最安業者の選定方法についてまで詳しく理解出来るように、以下の流れに沿って分かりやすく解説していきます。

このページをすべて読めば、プロパンガスの特徴や料金を抑える方法についての詳細な理解が得られ、最安のプロパンガス業者の選定が出来るようになるでしょう。

1. 都市ガスと比較したプロパンガスの3つのメリット

プロパンガスは、一般的に高いというイメージがありますが、これは同種のインフラである都市ガスと比較した経済面の違いです。

これと同様に、料金だけでなくその他の特徴に関しても同じ「ガス」というインフラ同士で特徴を比較することで、プロパンガスのメリット・デメリットを分かりやすく理解することが出来ます。

そのため、1章と2章では都市ガスと比較したプロパンガスのメリット・デメリットを一つずつ分かりやすく解説していきたいと思います。

1-1. プロパンガスはイニシャルコストが安い

都市ガスプロパンガス(lpg)
供給方法道路下のガス管から供給

出典:https://home.tokyo-gas.co.jp

LPガスのボンベから供給

出典:http://www.oka-shouten.co.jp

上記の写真から分かるように、都市ガスは前面道路下のガス管から建物内のガス機器まで配管を引っ張る必要があるため、道路や敷地内のアスファルトの掘削が必要となり、これに加えて給湯器等のガス機器の費用も一括してかかるのが特徴です。

また、場合によっては通行止めを行って工事を行う等、大掛かりな導入工事を必要とするものです。

一方、プロパンガスは建物横にガスボンベを配置してガス機器等との接続を行うというシンプルな導入方法になるため初期費用が安く、尚且つ場合によってはエアコンや給湯器等もプロパンガス業者のサービスで提供してもらえることもあるため、建築時の費用が大幅に抑えられるというメリットがあります。

ただし、給湯器等の設備機器の提供を受けた場合にはその分料金が高く設定される場合があるため、サービス内容と料金体系を十分にヒアリングして、高い料金設定がされていないかを確認することを忘れずに行いましょう。

ボンベに関しては、以下の写真のように用途や必要な量に応じて様々な種類があり、利用人数に応じた分量のボンベが設置されます。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/nasusan1915/37404652.html

更に、小型のボンベは持ち運びが可能で比較的安価なものも多いことから、家庭用以外にも屋外のイベントやキャンプ場等でも多く利用されています。

1-2. プロパンガスは災害時の復旧が早い

都市ガスは、「系統供給型エネルギー」であるため、各世帯のガス機器や地中のガス管の安全性が確認出来ない限り使用出来ないため、災害時の復旧に時間がかかってしまうというデメリットがあります。

一方、プロパンガスは「分散供給型エネルギー」で、災害時でも各世帯のボンベの点検やガス機器の点検さえ完了すれば即時復旧が可能なため、昨今多くなっている自然災害時でも復旧が非常に早いというメリットがあります。

復旧の早さを示す以下の表は、経済産業省による東日本大震災で大きな被害を受けた、岩手県、宮城県、福島県の電力・プロパンガス・都市ガスの完全復旧までの期間の調査をまとめたグラフになります。

この調査によると、プロパンガスは津波で建物が損壊又は流されてしまったもの等を除いて、地震発生後約3週間程度で大方の復旧が完了し、都市ガス及び電力よりも早い時期に全面復旧を果たしていることがわかります。

出典:http://www.j-lpgas.gr.jp/feature/saigai.html

また、地震災害等で被災した場合、一時的に避難所や仮設住宅での生活を強いられることが多くありますが、プロパンガスは前述の通りボンベの個別点検等で復旧が出来るため、給湯や暖房・発電のためのエネルギー源として、被災地の避難生活に大きく貢献しています。

このようなことから、政府はプロパンガスを災害時における「最後の砦」と呼んでいます

1-3. プロパンガスは都市ガスより熱量(火力)がおよそ2倍大きい

一般的にプロパンガスは、都市ガスに比べておよそ2倍程度熱量(火力)が強いというメリットがあります。

厳密には火力ではなく熱量が大きいという表現が正解になりますが、約2倍の熱量を持つプロパンガスは、例えば水を1℃上昇させる場合、都市ガスの約半分のガス量で温度を上昇させることが出来ることを意味しています。

実際に都市ガスと比較した場合、都市ガスは1㎥当たり約11,000kcalの熱量であるのに対し、プロパンガスは1㎥当たり約24,000kcalであるため、およそ半分のガスの消費量で同じ程度の調理を行うことが出来ます。

そのためプロパンガスは、例えば同時に3口で調理を行う際にも都市ガスよりもそれぞれが強い火力を維持出来ることから、飲食店等でも重宝されています。

ただし、単純に熱量が大きい=火力が強いということではなく、ガスの種類に対応したガス機器を使用しなければ熱量の違いを火力に反映出来ないことに注意が必要です。

2. 都市ガスと比較したプロパンガスの3つのデメリット

前述のメリットに引き続き、ランニングコストが高いということ以外の具体的なデメリットについても、一つずつ解説していきたいと思います。

2-1. プロパンガスは自由料金制のためランニングコストが高い

プロパンガスは、とにかくランニングコスト(料金)が高いと言われていますが、「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会」の調査によると実際プロパンガスは都市ガスより1.8倍〜2倍程度料金が高いと言われています。

出典:http://lpg-c.net/tops/article/high-reason#4

プロパンガスは、公共料金である都市ガスと違い従来から現在に至るまで「自由料金制」であり、プロパンガス業者が自由に料金を設定出来る上に、2017年までは料金明細の公表義務もなかったことから、当たり前のように日本全国で高い料金相場が作られてしまった…というのがプロパンガスの料金が高い大きな理由の一つとなっています。

現在も「自由料金制」は変わりませんが、2017年の「液石法」の改正等によって、プロパンガス業者は料金明細の公表義務が課せられるようになったため、業者同士のカルテルが減り自然な価格競争が行われることで、しっかりと業者比較を行えば大幅に料金を安く抑えることが出来るようになっています。

従って、現状の料金が高い場合や1年以上業者変更を行なっていない場合には、このページを読んだ上で最安業者に切り替えを行うことを強くおすすめします。

2-2. プロパンガスは優良業者の選定が難しい

プロパンガスは、前述の通り「自由料金制」であるということに加え、業者には料金表の公表義務がないために優良業者を自ら見つけることは非常に困難なこともデメリットと言えます。

以前は、料金明細すら公表義務が無く、2017年に「液石法」が改正され料金明細の公表は義務化されましたが、未だ料金表は公表義務が無いのが実情です。

そのため、具体的な料金設定の内容等が分からずに契約を結ぶことによって、多くのトラブルが発生しているのも事実です。

しかしながら、消費者保護のために資源エネルギー庁から「取引適正化ガイドライン」が公表され、各業者に料金表の説明等を要請しており、協力しない業者へは措置を行うことも検討している等、現在は価格の透明化が進んでいる状況です。

とはいえ、当初だけ低価格で契約を結び数ヶ月後に料金を改定するといった悪徳業者もまだ多く、優良業者の選定には手間や専門知識も必要となるため、後述のような自身のエリアの最安業者を紹介してくれる専門サイト等を利用することが最も効率の良い業者選定の方法と言えるでしょう。

プロパンガスの最安業者案内窓口:『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口

2-3. プロパンガスは定期的なボンベの配送・管理が必要となる

前述の通り、プロパンガスは建物横にボンベを設置し、定期的にボンベの交換や都度の点検を行う必要があります。

ボンベやガス機器の点検交換や配送等は人の手によって行われるため、その分の人件費が嵩みランニングコストが高くなってしまうというデメリットもあります。

一般的な一戸建て住宅の場合、およそ2ヶ月に1回程度の周期でボンベの交換を行いますが、都市ガスの検針と違い立会いが必要となる場合がある等、メンテナンス関係の手間が多少増えることもデメリットと言えるでしょう。

3. プロパンガス料金を安くするためのベストな方法とは?

プロパンガス料金を安くするために考えられる方法としては、以下の2つが挙げられます。

  1. プロパンガスから都市ガスへ切替える
  2. プロパンガス業者を変更する

しかしながら、プロパンガスから都市ガスへの切替えは以下の3つの理由により現実的な方法とは言えません。

以下、3つの理由について具体的に解説していきます。

3-1. 都市ガスへの切替えはガス管引込み等多額の費用がかかる

切替で見込まれる多額の費用がかかる要因

  1. 前面道路から都市ガスの配管を敷地内に引き込む必要がある
  2. 建物へ都市ガス用の配管を通す工事が必要となる
  3. 給湯器やコンロ等のガス機器の全面交換が必要となる

都市ガスとプロパンガスは、前述の通り供給方法が異なるため切替を行う際には前面道路から配管を引っ張ってくる必要があります。

また、都市ガスとプロパンガスは、ガスの成分が異なることから対応するガス機器も異なるために交換が必要になることや、そもそも建物に都市ガスを供給する配管を通す必要があるため、外壁や床を外しての大掛かりな工事を行う必要があります。

その結果、戸建住宅であっても数十万円単位での工事費がかかったり、アパート等のように世帯数が多い場合には数百万円単位の工事費がかかります

実際にガス料金が安くなったとしても、これだけの多額の切替費用を月々のガス料金の差額から回収することは現実的ではないため、都市ガスへの切替を検討するのではなく、安いプロパンガス業者への変更を行うことを検討すべきと言えます。

3-2. 切替える場合一定期間ガスを使用出来ない期間が発生する

仮に、上記のような切替工事を行なったとしても工事期間中はガスが使用出来ないため、例えばアパートやマンションの切替を行う場合には、工事期間中の入居者への風呂等の提供方法の検討や、その他生活の補償を検討する必要がある等、実際の工事費以外にも多額の費用や手間がかかります

このような理由からも、都市ガスへの切替は現実的ではないため、安いプロパンガス業者への変更を検討しましょう。

3-3. そもそも都市ガスが通っていないエリアが多い

日本では、年々都市ガスの供給エリアの拡大が進んではいるものの、全国的に見るとまだまだ都市ガスが通っていないエリアは多く、日本の総世帯数の約40%(約2400万世帯)がプロパンガスを利用しています。

以下のガス導管マップから分かるように、大都市圏の普及率は高くなっていますが地方はまだまだ少なく、神奈川県や千葉県等でさえ市街地を離れると都市ガスが通っていないエリアが多数あります。

出典:https://www.enecho.meti.go.jp

このように、都市ガスが通っているエリアはまだまだ少なく、仮に近くまで配管が来ていたとしても敷地前面にまで配管が通っていない限り、敷地前までの配管を延長する費用も負担することになるため多額の費用がかかってしまいます。

このように、都市ガスへの切替は費用や手間の面からも現実的ではないため、手立てとしては他社の見積もりを比較して少しでも安い業者を選定するしかないと言っても過言ではありません

価格の透明化や国による価格の健全化対策等により、プロパンガス業者間での価格競争も増していきているため、プロパンガス業者を比較検討の上で安い業者を選定する方法が一番効率的に料金を抑える方法となっています。

3-4. ガス料金を安くするためにはプロパンガス業者を変更するのがベスト!

プロパンガスの料金を安くする方法は、前述の通り2パターンありますが都市ガスへの切替えは上記のように現実的ではありません。

また、プロパンガス業界は、「自由料金制」や「業者間のカルテル」等により高い料金相場が作られてしまうといった問題を解決すべく、平成29年4月の「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」や省令等の一部改正及び取引適正化ガイドラインの公表がなされ、料金設定の透明化が推し勧められるようになりました。

さらに、これらに協力しない業者には更なる措置を検討することも公表されたことで、料金等の根拠を示すのはもちろんのこと、価格競争含め様々なサービスを行う等の営業努力を行って顧客を獲得せざるを得ない状況になっています。

このように、国の政策による業界の活性化に加え、ガスの原料となる原油価格も低下していること等から、結論としてプロパンガス料金を安くするには業者変更を行うことが最も現実的でベストな方法と言えます。

しかしながら、プロパンガスには複数の料金体系があり、尚且つガス機器の無償提供の代わりに契約解除が出来ない期間がある等契約内容が複雑な場合や、複数の業者の見積もりの比較には手間や専門知識を有することから、業者選定には十分注意が必要です。

そのため、業者変更を行う際には無料で手軽に利用出来る以下のような最安業者の紹介サイトが非常に便利です。

無料で地域の最安プロパンガス業者を紹介してくれるおすすめサイト

通常、消費者自らが業者変更を行う場合には、多数の見積もりの収集や料金体系の理解等の手間の他、変更後の料金が長期に渡り継続される保証が無い等、時間や手間等の物理的な問題だけでなく料金保証が無いという面で心理的負担も多いものです。

しかしながら、『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』は、累計90,000件以上のプロパンガス業者の変更実績を持つ大手サイトで、無料で地域最安の業者を紹介して貰えるだけでなく、以下のように前述の問題を解消した上で消費者が安心して業者変更を行うことが出来るという大きなメリットがあります。

そもそも、プロパンガス業界は市場規模もそこまで大きくないためにこのような最良業者の紹介サイト等も少ない中で、サービス内容や保証内容が充実していて無料で利用出来るサイトとして『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』は非常におすすめです。

このサービスを利用することで、戸建住宅で月々3,000円〜5,000円ガス料金を抑えられた実例が多数あり、また紹介手数料や契約の縛り等もないため、しがらみなく月々のガス料金を安くすることが出来るサイトです。

賃貸住宅も、世帯数に応じてかなりの金額を抑えられることが見込まれるため、ガス料金に関する入居者トラブルや退去等のリスクを軽減出来る等、賃貸経営上においても非常に大きなメリットがあります。

プロパンガス料金を安くしたいと思っている人は、無料で簡単に地域の最安業者の見積もりが手に入りますので、一度見積もり依頼をしてみると良いでしょう

4. 1年以上同じ業者の場合には他社の見積もりと比較して変更を検討すべき!

1年以上同じプロパン業者を使っている人は、業者変更によりガス料金を大きく下げられる可能性が高い!

プロパンガス料金を安くするには、業者変更が最も現実的で効率的であることを紹介しましたが、2017年の「液石法」改正等による業界全体の大きな動きにより、年々全国の料金相場にも変化が起きています

従って、少なくとも1年以上現在のプロパンガス会社から業者変更を行っていない場合には相場料金が変わっている可能性が高いため、『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』等の最安業者の紹介サイトを利用して、現状の業者との見積もりの比較を行うことをおすすめします。

また、無料で最安業者を紹介してもらえるサイトであるため、今後も1年前後のスパンで定期的に見積もりを取って、常に最安業者からプロパンガスを供給してもらうというのが最も賢い活用方法と言えるでしょう。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロパンガスと言えば、一般的に料金が高いというイメージが先行しますが、その他災害時に復旧が早いことやイニシャルコストが安いこと等様々な特徴があります。

そして、この最大のデメリットである高いランニングコストも、料金明細の公表義務化による健全な価格競争の活発化等の理由からプロパンガス業界の透明化が進み、大幅に料金を下げることが出来る環境が整ってきています。

そのため、プロパンガスを利用している世帯は安易に1社を使い続けるのではなく、『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』等を利用して定期的に見積もり比較を行うことで、月々のガス料金を安く抑えるようにすることが肝心です。

ガス料金でお悩みの場合や同じ業者を1年以上利用している場合は、まずは『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』等のサイトを活用して地域の相場観を把握した上で、最安業者へ変更を行うことをおすすめします。

<このページでご紹介したサービス>

プロパンガスの最安業者案内窓口:『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口

Follow me!