騙されるな!プロパンガス料金が高い5つカラクリと大幅に値下げする最善策

一般的にプロパンガス料金は高いと聞くけど、そもそも何故高いのか、料金を抑える方法はないのか等について気になっていませんか?

プロパンガスは、従来から続く「自由料金制」や料金の公表義務が無かったことによる「業者間のカルテル」等によって当たり前のように高い料金相場が形成され、都市ガスと比べて概ね2倍程高いと言われる程にまでなっています。

しかしながら、プロパンガス業界も近年はようやく法改正がなされ、料金の公表義務が課されたことで業者同士の健全な価格競争が生まれ、現在では大幅に料金を安くすることが出来るケースが多くなっています。

このページでは、プロパンガスに関する専門知識がない人でもプロパンガスの料金の特徴や安いプロパンガス業者の選定についてまで詳しく理解出来るように、以下の流れに沿って分かりやすく解説していきます。

このページをすべて読めば、プロパンガスが高い理由や料金を抑える最良の方法についての詳細な理解が得られ、最安のプロパンガス業者の選定が出来るようになるでしょう。

1. プロパンガスの料金が高い5つのカラクリとは?

プロパンガスは、従来から都市ガスに比べランニグコストが高いと言われていますが、「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会」の調査によると実際におおよそ1.8倍〜2倍程度高いとされています。

プロパンガスの高い料金相場が常識化した理由は、供給方法が都市ガスと異なるために止むを得ずかかる人件費のような物理的な面と、法整備がなされなかったために悪しき風習が慣習化してしまったという歴史が関係しています。

この章では、日本全国で高い料金相場が形成されることとなった理由について、一つ一つ詳しく解説していきます。

1-1. 配送管理の為の人件費がガス料金に反映されているため

都市ガスプロパンガス(lpg)

出典:http://www.buyo-gas.co.jp

出典:http://www.ehime-nissho.co.jp/service/lpg_a01

プロパンガスは、都市ガスと違い上記のようにボンベからガス機器へガスを供給する方法であることから、定期的なボンベの配送や管理が必要となります。

ボンベは、一戸建て住宅であればおよそ2ヶ月に1回ペースで交換がなされますが、都度配送員が手作業で交換や点検を行う為、その人件費が料金に上乗せされてプロパンガスは高い料金設定となっています。

これは、単純に物理的な問題が料金に与える影響の話で止むを得ないものと言えますが、これ以降はプロパンガスに関する法整備がされていなかったために不透明な料金設定がなされたり、業者間のカルテルが行われる故に料金が高くなる等の業界の裏話と言える理由について解説していきます。

1-2. プロパンガスは業者が高い料金を自由に設定できるため

都市ガスプロパンガス(lpg)
種類公共料金自由料金
特徴
  • 料金変更に政府の認可が必要
  • 料金変更がほぼ無い
  • 地域や会社で大きな料金差が無い
  • 業者が自由に高い料金設定ができる
  • 原料(原油)価格の変動で料金も変動する
  • 地域や業者によって料金の幅が大きい

プロパンガスは、上記の表の通り公共料金である都市ガスとは違い、「自由料金制」であることから業者が高い料金を自由に設定できるため、配送管理等の物理的な理由とは別に業者の身勝手な利益追求等によって、日本全国で当たり前のように高い料金相場が形成されてきました

また、「自由料金制」に加えてプロパンガス業者は2017年の法改正まで料金明細の公表義務もなかったことから、業者が好き勝手に高い料金を設定できる環境であったことも大きな理由の一つと言えます。

しかしながら、2017年の法改正による料金明細の公表の義務化等によって、プロパンガス業者には高い料金に関する説明を行う義務が課されたため、現在も自由料金制は変わらないものの業界全体で価格の透明化が進み、消費者が一方的に高い料金を払い続けるといった構図は大きく解消されてきています。

1-3. プロパンガス業者同士でカルテルが行われているため

プロパンガス業界は、ボンベの配送を行うためエリア性の強い業界ですが、前述の「自由料金制」や料金明細の公表の義務が無かったことに加え、各エリアの業者同士で連合して自由競争を避ける、いわゆる「カルテル」が行われてきたことも、料金が高いと言われる理由の一つとなっています。

都市ガスが引かれていないエリアでは、プロパンガスは重要なエネルギー源であり、オール電化の住宅以外はプロパンガスに頼らざるを得ないため、業者が設定した不当に高いと言える料金を受け入れるしかありませんでした。

従来からの名残で、まだまだ高い料金のままの地域が多数ありますが、上記の通り2017年から業界全体の透明化が国によって推進されているため、業者を変更することによって高い料金を大幅に安くすることが出来る環境が整っています

1-4. 新築時の設備費が料金に上乗せされていることが多いため

プロパンガスは、新築時にガスの配管工事費や給湯器等の設備費がかからないことが多くありますが、これは実はプロパンガス業者が仕事を獲得するために、建設業者に設備等を無償提供しているというカラクリがあります。

これを「無償貸与契約」と言いますが、この契約ではプロパンガス業者は無償提供した設備費を当然のように月々の料金に上乗せして高い料金を設定し、おおよそ10年〜15年をかけて回収するというシステムになっています。

契約期間が満了し、設備費を回収してもプロパンガス業者から料金を下げてくれることはないため、消費者側が申し立てない限り高い料金が継続してしまいます。

この契約は、戸建住宅であればオーナーが高いガス料金を負担しますが、賃貸住宅では実質的には入居者が高いガス料金を負担することになるため、物件の競争力が下がり空室率が上昇する要因にもなっているのが実態です。

こういった、消費者の知り得ない場所で業者間が繋がって利益を確保するといったことが全国各地で頻発したために、当たり前のように高い料金設定がなされるようになりました。

1-5. 消費者の知識や情報が圧倒的に不足しているため

プロパンガスが高い理由として、消費者がプロパンガスを公共料金だと勘違いしていたり、 ガスの原料の値動き等の情報を持っていないということが挙げられます。

都市ガスは、公共料金であるため料金設定に国の認可が必要となり、業者が自由に高い料金設定をすることは出来ませんが、プロパンガスも同様に公共料金だと勘違いしてしまうことで、業者の言いなりに高い料金を受け入れてしまうことも多かったようです。

また、プロパンガスは、ガソリンのように簡単に単価を把握出来るものではないため、原料である原油の値動きの情報を消費者が持っておらず、例えば原油価格が低下している状況であっても知らずに高い料金を払い続けてしまう等の事態も、当たり前のように高い料金相場が形成されてきた理由の一つと言えるでしょう。

現在原油価格は、以下の表のように2014年から低価格で推移しており、2019年の調査においても下のグラフ同様に400ドル/トンで推移しているため、ここ5・6年は安定して低価格水準を保っています

これら、原料自体の低価格化に加え、法改正による料金明細の公表義務化や健全な価格競争によって、現在はプロパンガスの料金が大幅に下がっているため、少なくとも1年以上業者変更を行っていない場合には、無料で料金の保証まで行なってくれるプロパンガス業者紹介サイト等を利用して、最安業者への変更をおすすめします。

出典:http://lpg-c.net/tops/article/high-reason#4

※プロパンガスの最安業者を無料で紹介してくれるおすすめサービス
プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口

2. 高いプロパンガス料金を安くするためのベストな方法とは?

高いプロパンガス料金を安くするために考えられる方法としては、以下の2つが挙げられます。

  1. プロパンガスから都市ガスへ切替える
  2. プロパンガス業者を変更する

しかしながら、プロパンガスから都市ガスへの切替えは以下の3つの理由により現実的な方法とは言えません。

以下、3つの理由について具体的に解説していきます。

2-1. 都市ガスへの切替えはガス管引込み等多額の費用がかかる

切替で見込まれる多額の費用がかかる要因

  1. 前面道路から都市ガスの配管を敷地内に引き込む必要がある
  2. 建物へ都市ガス用の配管を通す工事が必要となる
  3. 給湯器やコンロ等のガス機器の全面交換が必要となる

都市ガスとプロパンガスは、前述の通り供給方法が異なるため切替を行う際には前面道路から配管を引っ張ってくる必要があります。

また、都市ガスとプロパンガスは、ガスの成分が異なることから対応するガス機器も異なるために交換が必要になることや、そもそも建物に都市ガスを供給する配管を通す必要があるため、外壁や床を外しての大掛かりな工事を行う必要があります。

その結果、戸建住宅であっても数十万円単位での工事費がかかったり、アパート等のように世帯数が多い場合には数百万円単位の工事費がかかります

実際にガス料金が安くなったとしても、これだけの多額の切替費用を月々のガス料金の差額から回収することは現実的ではないため、都市ガスへの切替を検討するのではなく、安いプロパンガス業者への変更を行うことを検討すべきと言えます。

2-2. 切替える場合一定期間ガスを使用出来ない期間が発生する

仮に、上記のような切替工事を行なったとしても工事期間中はガスが使用出来ないため、例えばアパートやマンションの切替を行う場合には、工事期間中の入居者への風呂等の提供方法の検討や、その他生活の補償を検討する必要がある等、実際の工事費以外にも多額の費用や手間がかかります

このような理由からも、都市ガスへの切替は現実的ではないため、安いプロパンガス業者への変更を検討しましょう。

2-3. そもそも都市ガスが通っていないエリアが多い

日本では、年々都市ガスの供給エリアの拡大が進んではいるものの、全国的に見るとまだまだ都市ガスが通っていないエリアは多く、日本の総世帯数の約40%(約2400万世帯)がプロパンガスを利用しています。

以下のガス導管マップから分かるように、大都市圏の普及率は高くなっていますが地方はまだまだ少なく、神奈川県や千葉県等でさえ市街地を離れると都市ガスが通っていないエリアが多数あります。

出典:https://www.enecho.meti.go.jp

このように、都市ガスが通っているエリアはまだまだ少なく、仮に近くまで配管が来ていたとしても敷地前面にまで配管が通っていない限り、敷地前までの配管を延長する費用も負担することになるため多額の費用がかかってしまいます。

このように、都市ガスへの切替は費用や手間の面からも現実的ではないため、手立てとしては他社の見積もりを比較して少しでも安い業者を選定するしかないと言っても過言ではありません

価格の透明化や国による価格の健全化対策等により、プロパンガス業者間での価格競争も増していきているため、プロパンガス業者を比較検討の上で安い業者を選定する方法が一番効率的に料金を抑える方法となっています。

2-4. 高いプロパンガス料金を安くするためには業者を変更するのがベスト!

高いプロパンガスの料金を安くする方法は、前述の通り2パターンありますが都市ガスへの切替えは上記のように現実的ではありません。

また、プロパンガス業界は、「自由料金制」や「業者間のカルテル」等により高い料金相場が作られてしまうといった問題を解決すべく、前述の通り平成29年4月の「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」や省令等の一部改正及び取引適正化ガイドラインの公表がなされ、料金設定の透明化が推し勧められるようになりました。

さらに、これらに協力しない業者には更なる措置を検討することも公表されたことで、料金等の根拠を示すのはもちろんのこと、価格競争含め様々なサービスを行う等の営業努力を行って顧客を獲得せざるを得ない状況になっています。

このように、国の政策による業界の活性化に加え、ガスの原料となる原油価格も低下していること等から、結論として高いプロパンガス料金を安くするには業者変更を行うことが最も現実的でベストな方法と言えます。

しかしながら、プロパンガスには複数の料金体系があり、尚且つガス機器の無償提供の代わりに契約解除が出来ない期間がある等契約内容が複雑な場合や、複数の業者の見積もりの比較には手間や専門知識を有することから、業者選定には十分注意が必要です。

そのため、業者変更を行う際には無料で手軽に利用出来る以下のような最安業者の紹介サイトが非常に便利です。

プロパンガスの最安業者案内窓口:『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口

3. 高いプロパンガス料金を安くする際に目標とすべき価格とは?

高いプロパンガス業者を変更して料金を安くする際には、自身のエリアの都市ガス料金のおおよそ1〜2割増程度の料金を目標にすると良いでしょう。

この目標金額は、「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会」が、公共料金である都市ガスの料金を基準にしてプロパンガスの配送管理に関する人件費やプロパンガス業者の利益等を総合的に勘案して算出した目安です。

ただし、基準となる都市ガス料金やプロパンガス業者の経費及び原料価格の変動により割合は多少異なる場合があるため、あくまで参考にはなりますが業者選択の際のおおよその目安として活用すると良いでしょう。

また、以下の地方毎の表は一般的な戸建住宅の料金表になり、賃貸住宅の場合は世帯数等によって金額が変わるため別途業者への確認が必要になることに留意が必要です。

まずは、以下の表と自身のプロパンガスの料金とを比較して、自身の地域の目標とすべき価格を把握することから始めましょう。

目標金額が算出されている10エリア

  1. 北海道
  2. 東北地方
  3. 関東地方
  4. 甲信越地方
  5. 東海地方
  6. 北陸地方
  7. 近畿地方
  8. 中国地方
  9. 四国地方
  10. 九州地方

3-1. 北海道

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
北海道1,600円480円〜6,400円11,200円

3-2. 東北地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
青森県1,700円380円〜5,500円9,300円
秋田県1,600円380円〜5,400円9,200円
岩手県1,700円380円〜5,500円9,300円
山形県1,600円380円〜5,400円9,200円
宮城県1,500円360円〜5,100円8,700円
福島県1,500円350円〜5,000円8,500円

3-3. 関東地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
東京都1,700円280円〜4,300円7,100円
神奈川県1,600円280円〜4,300円7,100円
埼玉県1,700円280円〜4,300円7,100円
千葉県1600円280円〜4,300円7,100円
栃木県1,500円270円〜4,200円6,900円
群馬県1,500円280円〜4,300円7,100円
茨城県1,500円290円〜4,400円7,300円

3-4. 甲信越地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
山梨県1,500円330円〜4,800円8,100円
長野県1,500円360円〜5,100円8,700円
新潟県1,500円380円〜5,300円9,100円

3-5. 東海地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
静岡県1,500円330円〜4,800円8,100円
愛知県1,500円330円〜4,800円8,100円
岐阜県1,600円340円〜5,000円8,400円
三重県1,600円340円〜5,000円8,400円

3-6. 北陸地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
福井県1,600円430円〜5,900円10,200円
富山県1,600円410円〜6,200円9,800円
石川県1,600円400円〜5,600円9,600円

3-7. 近畿地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
大阪府1,600円380円〜5,400円9,200円
滋賀県1,600円380円〜5,400円9,200円
奈良県1,600円380円〜5,400円9,200円
京都府1,700円380円〜5,500円9,300円
兵庫県1,800円380円〜5,600円9,400円
和歌山県1,700円380円〜5,500円9,300円

3-8. 中国地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
岡山県1,600円380円〜5,400円9,200円
広島県1,600円380円〜5,400円9,200円
鳥取県1,600円380円〜5,400円9,200円
島根県1,600円380円〜5,400円9,200円
山口県1,600円380円〜5,400円9,200円

3-9. 四国地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
愛媛県1,600円400円〜5,600円9,600円
高知県1,600円380円〜5,400円9,200円
香川県1,600円360円〜5,200円8,800円
徳島県1,600円380円〜5,400円9,200円

3-10. 九州地方

都道府県基本料金従量単価10㎥使用時合計額20㎥使用時合計額
福岡県1,600円410円〜5,700円9,800円
大分県1,600円360円〜5,200円8,800円
長崎県1,600円410円〜5,700円9,800円
佐賀県1600円410円〜5,700円9,800円
熊本県1,600円410円〜5,700円9,800円
宮崎県1,600円410円〜5,700円9,800円
鹿児島県1,500円380円〜5,300円9,100円

以上が、「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会」の調査を基にした各地方別及び都道府県別のプロパンガスの料金として目標とすべき価格の一覧表です。

経済情勢の変化によって数字は変化しますが、現在のプロパンガス業界ではおおよそこれらの金額が適正な月々の料金額と考えられるため、高い料金設定の業者から安い業者への変更を検討する際には、上記の金額を目標に業者と交渉すると良いでしょう。

4. 1年以上同じ業者の場合には他社の見積もりと比較して変更を検討すべき!

1年以上同じプロパン業者を使っている人は、業者変更によりガス料金を大きく下げられる可能性が高い!

高いプロパンガス料金を安くするには、業者変更が最も現実的で効率的であることを紹介しましたが、2017年の「液石法」改正等による業界全体の大きな動きにより、年々全国の料金相場にも変化が起きています

従って、少なくとも1年以上現在のプロパンガス会社から業者変更を行っていない場合には相場料金が変わっている可能性が高いため、後述の『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』等の最安業者の紹介サイトを利用して、現状の業者との見積もりの比較を行うことをおすすめします。

また、無料で最安業者を紹介してもらえるサイトであるため、今後も1年前後のスパンで定期的に見積もりを取って、「高い業者→安い業者へ変更」という流れを継続して、常に最安業者からプロパンガスを供給してもらうというのが最も賢い活用方法と言えるでしょう。

無料で地域の最安プロパンガス業者を紹介してくれるおすすめサイト

通常、消費者自らが業者変更を行う場合には、多数の見積もりの収集や料金体系の理解等の手間の他、変更後の料金が長期に渡り継続される保証が無い等、時間や手間等の物理的な問題だけでなく料金保証が無いという面で心理的負担も多いものです。

しかしながら、『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』は、累計90,000件以上のプロパンガス業者の変更実績を持つ大手サイトで、無料で地域最安の業者を紹介して貰えるだけでなく、以下のように前述の問題を解消した上で消費者が安心して業者変更を行うことが出来るという大きなメリットがあります。

そもそも、プロパンガス業界は市場規模もそこまで大きくないためにこのような最良業者の紹介サイト等も少ない中で、サービス内容や保証内容が充実していて無料で利用出来るサイトとして『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』は非常におすすめです。

このサービスを利用することで、現状の高い料金を安く抑えられ、例えば戸建住宅で月々3,000円〜5,000円ガス料金を抑えられた実例が多数あり、また紹介手数料や契約の縛り等もないため、しがらみなく月々のガス料金を安くすることが出来るサイトです。

賃貸住宅も、世帯数に応じてかなりの金額を抑えられることが見込まれるため、ガス料金に関する入居者トラブルや退去等のリスクを軽減出来る等、賃貸経営上においても非常に大きなメリットがあります。

現状の高い料金で悩んでおり、プロパンガス料金を安くしたいと思っている人は、無料で簡単に地域の最安業者の見積もりが手に入りますので、一度見積もり依頼をしてみると良いでしょう

5. まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロパンガスは、配送管理の手間等の物理的面や「自由料金制」であることによる業者間のカルテル等、業界の悪しき風習によって日本全国で当たり前のように高い料金相場が形成されてきました。

しかしながら、消費者を保護するために法改正が行われ、料金明細の公表の義務化に伴う健全な価格競争が生まれる等、プロパンガス業界の透明化が進み、料金相場が低下しているだけでなく都市ガスに匹敵する程の低価格を実現出来る様々な条件が整ってきています。

そのため、プロパンガスを利用している世帯は安易に1社を使い続けるのではなく、『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』等を利用して定期的に見積もり比較を行うことで、月々の高いガス料金を大幅に抑えることが出来るようになっています。

ガス料金でお悩みの場合や同じ業者を1年以上利用している場合は、まず『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』に問い合わせて現在の相場観を把握して、最安業者へ変更を行うことをおすすめします。

<このページでご紹介したサービス>

プロパンガスの最安業者案内窓口:『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口

Follow me!