騙されるな!東京のプロパンガスの相場料金と最安優良会社へ変更する最も簡単で安心な方法

東京で料金が安いプロパンガス会社へ変更したいと考えているけど、「最安・安心のプロパンガス会社はどうやって探せばいいの?」「変更は簡単にできるの?」と気になっていませんか?

東京には数多くのプロパンガス会社が存在し、国の認定を受けた大手の会社であっても地域最安とは限らないため、自分で最安・安心のプロパンガス会社を選定することは非常に困難です。

また、仮に安いプロパンガス会社を見つけても「料金保証」が付いていなければ会社変更後短期間で値上げをされてしまう…といった事態にもなりかねません

しかしながら、現在のプロパンガス業界は2017年の法改正や原料の低価格化に伴い、全国で“適正料金”と言われる都市ガス並に低い料金での利用が可能になってきており、本ページで紹介している方法によれば、“適正料金”かそれに近い料金で尚且つ“料金保証付き”で地域の最安プロパンガス会社に変更することができます

このページでは、プロパンガスに関する専門知識がない人でも東京でのプロパンガス料金の相場や最安で優良な業者を選定する方法等について詳しく理解できるように、以下の流れに沿って解説していきます。

このページをすべて読めば、プロパンガスの料金についての詳細な理解が得られ、最も簡単・安心に最安の優良プロパンガス業者への変更ができるようになるでしょう。

1. 東京のプロパンガス会社一覧と相場料金

現在、日本全国でプロパンガス会社は約20,000社あり、日本全国の世帯のおおよそ40%がプロパンガスを利用しています。

そして、プロパンガスは都市ガスと違い「自由料金制」であることや2017年の法改正まで料金の公表義務がなかったことから、当たり前のように高い料金相場が形成され、現在では都市ガスの約2倍も高いと言われています。

東京都でも以下で紹介するように約500社のプロパンガス会社が存在し、全国同様に高い料金相場が定着しています。

この章では、東京に多数存在するプロパンガス会社の紹介と、東京都のプロパンガス料金の相場感把握のために、現在の相場について紹介していきたいと思います。

1-1. 東京のプロパンガス会社一覧

東京都LPガス協会に登録している業者リスト

出典:http://www.tokyolpg.or.jp/hanbaiten/list/f.html

出典:http://www.tokyolpg.or.jp/hanbaiten/list/f.html

出典:http://www.tokyolpg.or.jp/hanbaiten/list/f.html

東京都LPガス協会に登録されているプロパンガス会社合計488社
(※1社で複数の事業所が会員登録されている法人も一部あり)

※データ出典:http://www.tokyolpg.or.jp/hanbaiten/list/f.html

東京都では現在、上記の通り約500社のプロパンガス会社が存在しています。

大手法人のように複数の事業所がある場合は、事業者毎に会員登録がなされているため、厳密には重複カウントされている法人がありますが、その分を差し引いても約500社という莫大な数のプロパンガス会社が存在します。

これらの会社が、「自由料金制」や2017年の法改正まで料金明細の公表義務が無かったことから、当たり前のように高い料金設定を行なってきたという時代背景があるため、東京都でも高い料金相場が形成されてきました。

これだけの数がある中で、自分のエリアで最安かつ安心して利用できる会社を自ら探し出すことは、現実的に非常に困難と言えるでしょう。

1-2. 東京のプロパンガスの相場料金

東京都のプロパンガスの相場料金
 月額基本料金従量単価5㎥使用時10㎥使用時
東京都の相場料金1,592円488円4,032円6,472円

※価格は税抜き表示です。

上の表は、「一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」と「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会」のデータに基づいた東京都のプロパンガスの相場料金表です。

また、プロパンガスの平均使用量は各家庭の生活スタイルや戸建住宅orマンション等によっても異なってきますが、石油情報センターによるプロパンガスの世帯人数別の平均使用量をまとめると下表のようになります。

世帯人数別・プロパンガス平均使用量
2人以下6.5㎥
3人8.9㎥
4人11.3㎥
5人11.7㎥
6人12.0㎥
7人以上11.8㎥

出典:石油情報センター「平成18年度プロパンガス消費実態調査」

実際に検針票が手元にない場合でも、上記の平均使用量を参考に、

「基本料金(1,592円)+従量料金(488円)×使用量」≒「自身の家庭での相場料金」

とおおよその簡易計算ができますので、毎月のプロパンガス料金が簡易計算した相場料金よりも高いという場合には、すぐにガス会社の変更を検討することをおすすめします

また、実際にプロパンガス検針票がある方は、下の検針票の見本を参考に、まずは自分の料金が相場に対して高いのか安いのか等を精緻に把握しましょう。

出典:https://enepi.jp/articles/229

検針票各数字の解説

  1. ガス料金請求月
  2. 対象月のガス使用量(㎥)
  3. ガス料金及び電気料金合計請求額(電気もセットで申し込んでいるため)
  4. 今回検針数−前回検針数=対象月のガス使用量(81.2−42.2=39㎥)
  5. 基本料金と従量料金

※従量単価は、12,012円÷39㎥=308円/㎥

上記の例では、基本料金が1,650円、従量単価が308円であることが読み取れます。

その結果、

  • 基本料金→相場料金よりも割高
  • 従量料金→相場料金よりも割安

と判断できますが、ここで注意が必要なのが

そもそも相場料金自体が高い!

という事実です。

本来、「相場」は料金や価格の適正さや高低を計るために活用するものですが、プロパンガス業界においては、前述の約500社のプロパンガス会社が自由に高い料金設定を行なってきた結果として形成されたもので、料金の適正さ等を計る目安とは言えない程に高い水準となっています。

相場自体が非常に高水準になってしまっているため、仮に相場料金以下で利用をしていたとしても安心はできないでしょう。

従って、プロパンガスを使用する際には、相場を目安にするのではなく次章で紹介する“適正料金”を目安にすべきと言えます。

その上で、3章で紹介する方法によれば安心して地域最安の会社に変更することができるようになるでしょう。

2. 東京でプロパンガスを使うなら目安にすべき適正料金

前述の通り、プロパンガス業界の「相場」は高水準で形成されてしまっているため、新規契約の際の目安や、現在の料金の高低等の判断の目安としては使えないのが現実で、目安とすべきは下記の“適正料金”です。

月額基本料金従量単価
東京の適正料金1,500円280円/㎥〜

“適正料金”とは、プロパンガスに関する複数の団体が、業界の実態や料金の仕組み等を踏まえた上で相場等の諸条件を調査分析して算出されたもので、プロパンガスは「都市ガス料金の1〜2割増し程度」が本来目安にすべき適正料金と言われています。

上記の“適正料金”は、「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会」「日本エネルギー研究所・石油情報センター」のデータを基に算出されたものです。

しかしながら、プロパンガスは地域毎に供給する会社が限定されるため、必ずしも地域最安料金が適正金額以下とはならないケースもありますが、現在は以下の2つの理由からプロパンガスの価格が全国規模で下がってきており、優良会社を選定することで適正料金まで大幅に料金を下げられる可能性が高くなっています。

そのため、東京でプロパンガスを使用する際には、相場料金ではなくこの“適正料金”を目安に、地域最安の会社を選定すると良いでしょう。

2-1. プロパンガスの適正料金と相場との差額

以下の表は、東京の相場料金でプロパンガスを使用した場合と、“適正料金”で使用した場合の10㎥使用時の月差額と年間差額を示した表になります。

月額基本料金+従量単価10㎥当たり月額合計金額
東京都の相場(平均価格)1,592円+488円/㎥6,472円
適正な値段(適正金額)1,500円+280円/㎥〜4,300円
差額300円月差額2,172円
(年差額26,064円)

※価格は税抜き表示です。

必ずしも「地域最安≦適正料金」となるとは限りませんが、“適正料金”で利用できた場合、相場料金での利用よりも大幅に支払い金額を削減でき、使用量が増える程削減金額は大きくなります。

プロパンガス会社の謳い文句として、「相場程度まで料金を下げます」「相場以下で提案します」と言う会社が多数存在しますが、安易に謳い文句に乗ってしまわないように注意しましょう。

2-2. 適正料金を目安に会社変更を行った成功事例

年間合計28,525円の料金削減に繋がった実例

出典:https://lib-blog.com/money/gas2/

・3月   9,724円 (-1,292円
・4月   8,938円 (-1,624円
・5月   7,123円 (-3,653円
・6月   6,912円 (-1,384円
・7月   6,156円 (-2,064円
・8月   4,553円 (-2,690円
・9月   5,793円 (-1,637円
・10月 6,851円 (   -955円
・11月 8,061円 (-3,728円
・12月 9,542円 (-3,488円
・1月   9,666円 (-2,900円
・2月 10,368円 (-3,110円
(※カッコ内は前年との金額差)

出典:LIB-Blog

上記は、『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』で公表されている適正料金を目安に、地域最安のプロパンガス会社へ変更した実例です。

あくまで一例ですが、前年と同様のガスの使用頻度でも、年間で約3万円もの料金削減が実現できています。

2-3. 適正料金よりも高い人はプロパンガス会社の変更を検討すべき!

ここまでご説明した通り、プロパンガス業界では相場は目安にすべき数値ではなく、“適正料金”を目安に新規契約若しくは会社変更を行うべきと言えるでしょう。

そして、現在は法整備が進み原料価格も低価格で推移しているため、地域最安の会社へ変更することで“適正料金”での利用ができる可能性が高くなっています。

そのため、相場程度で利用している人はもちろんのこと、“適正料金”よりも高い金額で利用している人も、次章の「最も簡単・安心に東京で最安の優良プロパンガス会社へ変更する方法」を読んで地域最安会社の見積もりを取り、会社変更を検討すべきことをおすすめします。

3. 最も簡単・安心に東京で最安の優良プロパンガス会社へ変更する方法

プロパンガス会社変更の3つの方法

1. 自ら複数社から相見積もりを取り交渉して変更(×

→時間や手間がかかる上に専門知識や交渉力が必要で料金保証も無い

2. 一括見積もりサイトを利用して複数社の見積もりを比較・交渉して変更(×

→見積り収集の手間は無いが、自ら見積もりの比較や契約内容の精査が必要で手間・時間・専門知識が必要

3. 料金保証のある最安会社の紹介専門サイトを利用して変更(

→手間・時間を無駄にせず安心して最安の会社へ変更できる

上記の通り、プロパンガス会社の変更方法としては3つありますが、“料金保証”のある最安会社の紹介サイトが最もおすすめです。

以下の表は、プロパンガスの一括見積もり・最安紹介サイト大手の特徴比較表です。

プロパンガス一括見積り・最安紹介サイト10社比較一覧表
変更実績登録
業者数
対応
エリア
料金保証
ガス屋の窓口
※新築は◎
プロパンガス料金消費者協会
タイナビスイッチ×
エネピ×
セレクトラエネピと提携しており同上
ガス料金ナビ
まちガス××
プロパンガス料金.com×
※新築は◎
プロパンガス協会××
プロパンガス消費者生活センター××

(※ホームページ上で情報の記載が無い場合には×を付けています)
(※2019年12月時点情報)

この通り専門サイトは複数ありますが、実績・登録業者数・対応エリアどれも業界トップクラスで、重要な“料金保証”が最も手厚いプロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』が最もおすすめのサイトと言えるでしょう。

『ガス屋の窓口』は、上記のように「最安」「永久保証」「無料」という「3つの約束」を掲げており、これが『ガス屋の窓口』の強い魅力でもあります。

また、ガス屋の窓口には下記のような、ユーザーから選ばれる魅力的な5つの特徴があります。

以下では、3つの約束に基づく『ガス屋の窓口』の5つの特徴について詳しく紹介していきます。

3-1. 特徴1 : 地域の最安業者を紹介してもらえる

『ガス屋の窓口』は、各地方の34都道府県に対応しており、それぞれの地域で独自の審査基準をクリアした「不当な値上げをしないことを約束した業者」とのみ提携し尚且つ地域最安業者の紹介をしてくれるため、無数に存在するプロパンガス会社の見積もり収集・比較等の手間無く、最安業者に変更することができます。

また、上記の34都道府県以外でも戸建住宅の新築・店舗の新設等、新たにプロパンガスを設置する場合は、遠隔地や山間部・離島を除き日本全国の対応が可能となっています。

更に、プロパンガスの原料である原油価格の高騰や日本経済全体の急激なインフラ等の正当理由以外で提携業者が不当な値上げに対しては「イエローカード制度」を設けて業者に料金の是正勧告を行なってくれます。

是正勧告後でも、希望をすれば再度新たな最安業者を紹介してもらえるため、後述の保証制度以外のアフターサポートも充実したサイトと言えるでしょう。

3-2. 特徴2 : 「永久監視保証」と「一年間返金保証」が付いている

プロパンガス業界では、「獲得価格」という値上げをする前提の激安価格(従量単価250円以下)で契約を取り、半年~1年間ですぐに高い料金へと変更するという悪徳商法が横行しています。

そして、この商法が横行したことが「安い業者には裏があるのでは?」と思ってしまう要因にもなっていると言えます。

そのため、『ガス屋の窓口』では消費者が安心して最安業者への変更ができるように、提携業者が不当な値上げを行なうことを「永久に」に防止する「永久監視保証」を採用しており、前述の「イエローカード制度」と併せて消費者の保護を行なっています。

また、プロパンガスは業者都合の不当な値上げの他に、原料の原油価格の高騰やインフラ等の正当理由によって業界全体で止むを得ず値上がりがされる場合があります。

しかしながら、『ガス屋の窓口』では業界で初めて、業者変更から一年間はこのような正当理由での値上げであっても、値上げ分の料金を返金する「一年間返金保証」を採用しており、「永久監視保証」と併せて消費者保護を行なっています。

このような、消費者が最も不安な料金の値上げに関する2種類の保証が付いていることが多くの消費者に支持され、業界トップの実績に繋がっているようです。

3-3. 特徴3 : 手続き代行も含め一切無料で利用できる

『ガス屋の窓口』は、事前相談・最安業者の紹介・現状の業者との解約手続き・紹介業者との契約手続き等、全ての手続きを代行してくれる上に一切無料で利用できるサイトでです。

そのため、『ガス屋の窓口』を利用して最安業者の見積もりを入手して自分の現在の料金の高低等を把握した上で、プロパンガス会社を変更したい場合は一切無料で代行までしてくれる便利なサイトとなっています。

現在は、業界全体で低価格化が進んでいるため、他社の見積もりと比較したことがない人は、一度『ガス屋の窓口』を利用してみることをおすすめします。

3-4. 特徴4:サービスを何度でも利用できる

『ガス屋の窓口』は、紹介された業者に関して「○年以上利用しなければいけない」「解約時に違約金がかかる」といった契約縛りも一切無いため、上記で紹介したサービスを何度でも利用することができる点も魅力の一つと言えるでしょう。

前述の通り、現在のプロパンガス業界は、原料価格が低水準で推移していることや、2017年の法改正による業者同士の健全な価格競争等で料金の低価格化が進んでいるため、契約縛りが無い『ガス屋の窓口』を上手に活用して、定期的に最安業者の料金動向等を確認すると良いでしょう。

3-5. 特徴5 : 賃貸用不動産の相談・改善策の提案も行なっている

プロパンガスは、一戸建てだけでなくアパートやマンション、テナントビル等でも多く採用されていますが、このような賃貸用不動産ではガス料金の高さからオーナーへクレームが入ったり、入居率が不安定になる等、プロパンガス物件特有の問題が多く発生します。

『ガス屋の窓口』では、入居者が支払う高いガス料金に関する相談や、無償貸与契約や業者変更等の相談を何度でも無料で行なってくれるだけでなく、独自に物件調査を行い最安業者の紹介含め最善策の提案まで行なってくれます。

更に、他社との相見積もりを行なった上で、契約内容や料金に関する相談・交渉もできる等、賃貸用不動産で最も重要な入居率及び収益・利回りに直結してしまう入居者のプロパンガス物件の「敬遠」や「退去」の防止に繋がる相談が無料でできることも大きな魅力の一つと言えるでしょう。

このように、『ガス屋の窓口』は安心して利用できる条件が揃っていることから、業界で最も多くの実績を誇っています。

現在“適正料金”よりも高い値段で利用している場合には、『ガス屋の窓口』を利用して見積もりを取り、最安会社への変更を検討すべきでしょう。

業界トップの90,000件の実績を誇る最安業者の案内窓口

プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロパンガスは、「自由料金制」で尚且つ地域毎に業者同士のカルテルが行われたことで日本全国で高い料金設定なされた結果、相場自体が高水準化しており、料金の高低等を判断する目安にすることはできないのが現実です。

一方で、プロパンガスには“適正料金”と言われる都市ガス並の低価格水準があり、2017年の法改正や原料価格の低価格化に伴って、地域最安のプロパンガス会社へ変更することで“適正料金”を実現できる可能性が高くなってきています。

しかしながら、プロパンガス会社の変更を行う際には複数の見積もりの比較検討や業者との交渉が必要になる等、専門知識の習得等の手間や時間が必要という問題がありますが、本ページで紹介したような専門サイトを利用することで、無料で一切の手間も無く地域最安の会社に変更することができます。

ガス料金でお悩みの場合や同じ業者を1年以上利用している場合は、まず本ページで相場や適正料金を把握し、『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口』を利用して、料金保証のある最安業者へ変更を行うことをおすすめします。

<このページでご紹介したサービス>

プロパンガス(LPG)の最安業者案内窓口:『プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口

Follow me!